処分方法を四つ紹介します

お経

仏壇処分の仕方は、大きく分けて四つほどあります。最初に、お寺に頼んでして頂く方法です。魂入れのお経をあげてくださったお寺に魂抜きもしていただき、一貫性があります。しかし、都合の良い予定日がなかなか決定しないという問題が残ります。経費は、約5万円です。次に、仏具を販売している店に頼む方法です。手続きをするのが難しくなく予定日も決定しやすいです。古い仏壇を下取りしてもらい新たな仏壇を購入すると割り引いてもらえます。経費は3万円程となります。次に、自治体のゴミ収集で、粗大ゴミに出す方法です。経費は数千円ですむので大変安いです。自治体への申請は難しくなく簡単にできます。ただし、受け入れをしない自治体もある場合があります。最後に、専門の業者へ頼む方法です。全て任せることができるので、予定した日に確実に済ませることができます。でも、業者を見つけたり高額な経費がかかったりすることが問題です。

魂の扱いには注意をする必要があります

お経

仏壇処分する場合に留意する点は、まずその仏壇に対して魂入れのお経をあげているかどうかを確かめることです。つまり、開眼供養のお経をあげているかを確認することは、処分の第一歩だということです。尚、宗教によっては、魂入れをしない流派もあるのでよく確認する必要があります。魂抜きがされていない仏具を処分してしまうことは、魂を捨ててしまうという意味になります。そこで、まず最初に依頼することは、お寺さんに閉眼供養をして頂くことです。このお経が済むと、仏壇から魂を抜いたことになるので、普通の物として処分することができるようになります。故人の写真は、仏壇のように場所を要しないのでそのまま飾ることができます。処分するならば供養してお炊き上げをする必要があります。仏事の常識に従って処分をすることが重要です。

処分の方法と留意点をまとめます

仏壇

仏壇処分の方法は、四つあり、それぞれの利点と課題があります。経費としては、業者依頼や菩提寺依頼が最も高く、自治体ゴミに回収してもらうのが最も安いです。処分前に、配慮しておくところは、新規購入の折に開眼供養のお経をあげている場合がほとんどなので、菩提寺に頼み、閉眼供養のお経をあげて魂抜きをしておくことです。仏事の常識にあたるこの手順を踏まなかった場合は、魂に対して大変礼儀のないことになってしまいます。お寺ではなく業者依頼の場合は、魂抜きをきちんと行ったという供養の証明書を渡してくれる店もあります。もう一つ留意するところは、仏壇にある引き出しの中に何か入れていないかを必ず確認することです。いずれにしても仏事に関する事は、専門家のお寺さんに必ず相談をする方が間違いありません。尚、高額な金の仏壇等の処分は、遺品の整理を請け負う業者が高い値段で買い取ってくれる場合もあります。

広告募集中